サプライヤーと通信? サプライヤー
Emily Wang Ms. Emily Wang
何か私にできますか?
サプライヤーと連絡する

Anping Xinzheng Metal Wire Mesh Co., Ltd

製品情報

ホーム > 製品情報 > 溶接ワイヤメッシュ製品 > 亜鉛メッキ溶接ワイヤメッシュ > コンクリート補強金網パネル

コンクリート補強金網パネル
コンクリート補強金網パネル
コンクリート補強金網パネル

コンクリート補強金網パネル

単価: USD 14.5 - 15 / Piece/Pieces
お支払い方法の種類: L/C,T/T,D/P,Paypal
Incoterm: FOB,CFR,CIF
最小注文数: 50 Piece/Pieces
納期: 10 天数

今連絡する バスケットに追加する

  • 基本情報
  • 製品の説明
  • イーメール
基本情報

モデル: 5212

材料: アイアンワイヤー

穴の形状: 平方

網目サイズ: 1インチ

表面処理: 亜鉛メッキ

織り方: その他

応用: その他, フィルタ, 装飾メッシュ, ケージ, 保護メッシュ, 建設ワイヤメッシュ

Application: Sieving Mesh

色: 

タイプ: 溶接メッシュ

認証: SGS, ISO9001

調子: 新しい

Width: 2', 3' 4' 5' 6'

Lenght: 100'

Panel Size: According To Customer‘s Requirements

Additional Info

包装:  防水紙(色は主に白と黄色、さらに商標、証明書など)を包装してから、木箱やトレイと合わせて、長期の海上輸送に適しています。

生産高: 180 Rolls or pieces per day

ブランド: 新城

輸送方法: Ocean,Air

原産地: 中国

供給能力: 180

認証 : SGS

HSコード: 73143900

ポート: Tianjin,Tianjin,Tianjin

製品の説明

コンクリート補強金網パネル


Xinzheng Companyによって供給される具体的な補強金網は4つの主要なタイプに分類することができます:ワイヤーが長方形の形に交差する長方形溶接メッシュ、および支持するものとして縦ワイヤー。正方形の形に交差させたワイヤーで正方形の開口部を溶接したスチールメッシュと、支持ワイヤーとして縦方向と横方向の両方のワイヤー。垂直壁建設用の溶接金網。 上記の補強金網はすべてコンクリート補強に使用できます。

コンクリートは建物の建設に使用される最も一般的な材料の1つです。その特性はコンクリートを等級の鉄骨構造、クラッディングシステムおよび床版のための優秀な選択にする。 コンクリート補強メッシュは、グリッドパターンを形成するために互いに溶接されたワイヤ片または鉄筋片からなる。グリッドパターンのサイズは通常、4インチx 4インチから8インチx 8インチです。このタイプの鉄筋は、コンクリート表面の収縮ひび割れを最小限に抑えるために使用されています。


材質 :高品質低炭素鉄線または鋼線


用途 :建設に広く使用されています。

特徴 :優れた耐食性により、農業や水産養殖で人気があります。滑らかできちんとしたメッシュ表面は、知覚を高め、特定の装飾的な効果を発揮することができます。原材料としての高品質の低炭素ワイヤーの使用のために、それを普通の鉄のスクリーンが持っていないというユニークな柔軟性にして、使用の過程でその可塑性を決定しました。クラフト;鉄または鋼鉄網の費用は非常に低いです。亜鉛メッキの後、それは高価値材料の耐食性と耐酸化性を兼ね備えています。それはより経済的で経済的です。



仕様:

Galvanized Welded Wire Mesh Specifications

製品の写真:

Welded Wire Mesh Reinforcement


Galvanized Concrete Wire Mesh


Concrete Reinforcement Wire Mesh Panel


安平Xinzheng金属金網有限公司はまた、ステンレス鋼金網、穴あき金属メッシュ、エキスパンドメタルメッシュ、フィルターメッシュ製品、アルミ箔メッシュ、バーベキュー金網などを生成することができます。私達のプロダクトに興味があったら、ちょうど私に私達にメールを送りなさい、私にあなたのサイズの要求を言って下さい、そして私達はあなたによい価格を引用してもいいです。

製品グループ : 溶接ワイヤメッシュ製品 > 亜鉛メッキ溶接ワイヤメッシュ

この仕入先にメール
  • あなたのメッセージは20から8000文字の間でなければなりません